H1タグ

| 記事 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

キンタロー。ピリピリ会見であっちゃんにギリギリエール

元AKB48の前田敦子(22)のモノマネで人気のキンタロー。
が4日、前田の熱愛について初めてコメントした。

photo:スポニチアネックス


交際相手の尾上松也(28)が歌舞伎俳優とあって「私は“歌舞伎揚”
にハマってます」と菓子の名前を使ったジョークで祝福。
自身も恋人との交際が順調とあって「幸せになって」とエールを送った。




一方、前田はこの日、韓国で開催中の釜山国際映画祭で主演映画の
舞台あいさつに登場した。


キンタロー。はこの日、都内でポイントサービス「Tポイント」の
PRイベントに登場。前田の熱愛については、終了後の囲み取材で言及した。




リポーターがキンタロー。に対し「前田さん!いま幸せですか」と質問。
すると“待ってました”とばかりに、得意の前田のモノマネをしながら
「そうですね。私がいまハマってることがありまして。“歌舞伎揚”に
ハマってます」とコメントした。


確かに、前田との熱愛報道で歌舞伎界のホープ・松也の名前は“アゲアゲ”だ。
売れっ子芸人らしい爆笑コメントで、敬愛する前田のロマンスを祝福した。


前田と松也は、今年3月から交際。一方、キンタロー。も同じ3月に
お笑いタレントの河口こうへい(33)と交際を始めており、くしくも
恋愛のスタート時期まで“マネ”ている。



この日も「営業先で買ってきた柿の種をお土産に渡しました」とのろけ、
交際は順調な様子。去り際に「前田さんも幸せになってほしい?」と質問
すると“恋愛の同期生”として「そうですね、ぜひ幸せになってほしいですね」
と笑顔でエールを送った。
スポンサーサイト

| 前田敦子と尾上松也 | 07:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

中村獅童、尾上松也と前田敦子の交際報道に驚き「知らなかった」

歌舞伎俳優の中村獅童が2日、東京・新橋演舞場で舞台『大和三銃士』の
公開稽古前に報道陣の取材に応じた。

中村は同じ歌舞伎俳優の尾上松也と元AKB48で女優の前田敦子との交際
報道について「本当に知らなかった」と驚きつつ、報道で知ったことを明かしていた。




中村は交際報道がでる前日に尾上と共に会見に出席し、「言いたいんだけど
なぁ」と尾上の交際を知っているかのような発言をしていたが、「後輩で友達で
何もないと思うから言ったのに、朝起きたらあんなことになってるから、(尾上に)
電話しちゃったよ」と苦笑い。
最後には「さわやかでいい青年なので、温かく見守ってほしい」とエールを送っていた。

前田敦子 卒業公演


ここへ来て、歌舞伎俳優へのインタビューも増えて、歌舞伎界自体にスポットが
当たった感じでしょうか?

歌舞伎名作撰 勧進帳


相次ぐ有名役者の死で、すっかりスキャンダルの話の方が多かったですからねー。

実録・韓国芸能スキャンダル~アイドルの裏接待篇~

| 前田敦子と尾上松也 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

尾上松也、あっちゃんと熱愛で全国区に! 歌舞伎界に大チャンス

【芸能ニュース舞台裏】驚きのニュースといえば、元AKB48の
前田敦子(22)と歌舞伎俳優、尾上松也(28)の熱愛報道だ。


 「朝から裏取りの電話をしまくりましたけど、結局、所属事務所
の人は誰も捕まらずに、新聞紹介でお茶を濁しました」

情報番組デスクがぼやく。

芸能マスコミ内部には「女性セブン」が2ショットを押さえている、
いや「週刊文春」だ、と噂が飛び交った。だが、「前田敦子の
カレンダーを出しているうちが、そんな写真を出せるわけない」と
女性誌記者は苦笑い。男性誌記者も「そもそも追ってない」。



報道の前日、熱愛を伝える記事を掲載したある新聞は、松也の
ことを紹介するコラムを掲載していた。

 「その日まで、その社は何も知らなかったようです。ニュースは
急に降ってきますからね」と事情を知る情報番組ディレクターがつぶやく。

ニュースで、松也の名前は一挙に全国区になった。
芸能マスコミがずっと追いかけたくなる新しい“かぶきもの”がほしい
歌舞伎界にはまたとないチャンス。

傾物語 第一巻

その機会をもたらした前田の、今もって強い“絶対”知名度を知らしめるニュースではあった。 

傾物語 第ニ巻

昨日書いた前田と尾上、両方の利益が一致したというのは記事も満更嘘でもないようですね。

芸能界の新の裏側教えます。芸能暗黒都市伝説

| 前田敦子と尾上松也 | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

前田敦子、熱愛報道はヤラセ!? 「CD売れず、視聴率取れずの末の苦肉の策」

突如としてスポーツ紙2紙の1面で報じられ、ファンや
芸能マスコミを大いに慌てさせた「前田敦子、尾上松也と真剣交際」。

当日には双方事務所が「プライベートは本人に任せている」
と交際を否定せず、前田・尾上ともにコメントはしなかった。

しかしその周辺事情を探ると、実はファンが悲鳴を上げる必要は
なさそうだということがわかった。

自分、不器用ですから。。。
前田敦子写真集 『不器用』

「報道当日の早朝から、ネット上では『あっちゃん、お願い
だから逃げて!』とファンが悲鳴を上げていました。

スポーツ紙の記事は断定的で、かつやたらと『卒業したため、
もう恋愛は解禁』と前田を擁護する論調だった。
ところがこの熱愛報道ですが、どうやらすべて“ヤラセ”だったようです」(週刊誌記者)

話題作りのために、あえてウソの熱愛をでっち上げる――芸能界
では昔から行われてきた手段だが、このタイミングで前田がヤラセに
至った理由とは何なのだろうか?

「AKB48卒業後の前田の芸能活動が、まったく軌道に乗って
いないということですよ。先日リリースしたシングル『タイム
マシンなんていらない』は、初日で3万枚に届かず、NHKの主演
ドラマ『あさきゆめみし』は初回視聴率5.8%の大惨敗。

最近ではオファー自体が減っていたこともあり、事務所も焦りを
感じていたのでしょう。


苦肉の策として、前田所属の太田プロ広報・Z氏が、懇意にしている
スポーツニッポンのAデスクと相談して口裏を合わせたんです。

なお日刊スポーツも同時に報道したのは、スポニチの1面を察知して
本来予定していた『半沢直樹』の1面を、急きょ前田熱愛に差し替える
“裏ワザ”を使ったからだとか」

しかしこれでは「尾上の立場なし」という声も聞こえてきそうだが……。




「彼は歌舞伎界期待の若手。前田とプライベートで親交があるのは
本当で、スポニチも以前から取材を掛けていたようなんです。
結果的に今回の報道で名前が売れたわけですから、尾上にもメリットがあった。
大掛かりなヤラセを発動させたかいがあったといったところでしょう」(ワイドショー関係者)


最近AKBのスキャンダルが増えてきましたねー。
どこまでヤラセで、どこまでが本当なんでしょうねー。。。

「やらせ」と「情報操作」



妻たちの性のリポート

| 前田敦子と尾上松也 | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| 記事 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。